ハイヤーは空港送迎にピッタリです

ハイヤーの利用で一番多いと言われているのが、空港送迎だといわれています。空港送迎でお迎えにあがるとき、見送りのときがありますが、片方だけ依頼されても構いませんし、両方の依頼をされることもあります。海外から日本に来られた外国人の方の送迎については、日本語がお話できない場合はその方の母国語を話すことができるドライバーが担当してくれます。世界的に見ても、英語圏の国が多いため、英会話を求められることが多いのですが、韓国語や中国語、フランス語などが話せるドライバーを依頼されることも珍しくありません。もし、あまり聞かないような母国語という場合、ハイヤー会社によっては依頼を引き受けられないケースもあるかもしれません。ハイヤー会社にもその会社の「色」のようなものがあるので、海外からのお客様に対する空港送迎を多く取り扱っているところを利用されることをおすすめします。

海外からのお客様に対しては、空港にてネームプレートを持参した上で、打ち合わせをした待ち合わせ場所にて待機してくれます。空港は広いため心配になるかもしれませんが、途中で何らかの変更などがあった場合は、ドライバーと電話連絡を受けた側で密に連絡を取り、取りこぼしのないようにしていきます。あらゆるパターンを想定しているので、安心していただけるはずです。ときには国際便の遅れなどがありますが、飛行機の離着陸情報もしっかりチェックしています。

日本人の空港送迎の場合は、お出迎えの際は打ち合わせ時に情報をお聞きした上で、ハイヤーに乗車された際にさまざまなサービスを提供しています。久々の日本という場合は日本らしいお菓子を準備することも。基本的なサービスにちょっとしたお菓子や飲料のサービスがあるので、お好みのものを用意することもできます。リラックスできる空間にするため、打ち合わせを大切に、サービスを提供していきます。

また、家族旅行にこれから向かうというファミリーでの利用も増えています。理由としては、公共交通機関の利用が厳しいことや、大きな荷物を運ぶのが大変などの理由からです。なかには、自家用車で空港に駐車する方法もあるけれど、駐車料金も発生するので、このような機会にハイヤーを利用してみたという話も。これから海外旅行に向かう場合、玄関の扉を開けたときから旅行は始まっているからです。このような利用方法はこれからも増えていくでしょう。ハイヤードライバーの運転技術を買って依頼される場合もあり、10人いれば10通りの思いがあるのかもしれません。