ハイヤーを利用して観光を楽しむ方法

旅行や観光がしたいと思ったとき、今はあらゆる方法から選ぶことができます。自家用車を利用したり、公共交通機関を利用したりするのが一般的でしたが、コロナウイルスの広がりによって、私たちは観光について立ち止まって考えることになりました。「どうしたら感染症を気にすることなく、観光を楽しめることができるのか」と考えたとき、自家用車を持たない、運転ができない人にとって、ハイヤーを依頼して観光する方法があったのです。コロナ禍において、ハイヤーを使って観光することは、数少ない贅沢のひとつとなるでしょう。それは、ハイヤーがタクシーのように気軽に利用するものではないことや、ドライバーが高級ホテルのホテルマンのような接客ができるプロだからです。

ハイヤーで観光を楽しむと、ドライバーのスキルの高さに驚いたという声が聞かれます。それまでは、高級車を運転する運転技術に長けたドライバーという印象だったのでしょう。しかし、ハイヤーのドライバーは、東京近郊の観光地の案内をスムーズにこなし、付かず離れずの接客ができるプロです。その行動は、ドライバーでありながら、旅行会社の添乗員やホテルマンといった3足のわらじを履いているかのようだと言われます。

これにプラスして、海外からお客様が観光地巡りをする場合は、流ちょうな英語をスムーズに話す姿も見られます。このようなスキルの高さは会社に入ってからの研修で身につくものが多いのですが、採用時から英会話が堪能であることや、留学経験をはじめとする各種経験の有無などを考慮された結果と思われます。スキルの高い人材が採用され、さらに研修を受けてスキルアップすることで、どのような場でも通用する高いスキルを持ったドライバーとして活躍します。

肝心の観光については、基本的に東京近郊となっていますが、行きたい場所やスポットをカスタマイズできるようなプランもあります。貸し切り時間によって巡ることができるエリアも変わってきますが、ひとりではなく数人で参加すれば費用も思ったよりも割安です。何よりも不特定多数と接触しなくて済むため安心して観光を楽しむことができます。コロナ禍だから注目されるようになってきた観光のあり方のひとつとして、検討されてもいいでしょう。車内では当然のことながら、感染症対策をしっかり行っており、充分過ぎるくらいに気を配っています。「観光に行きたいけど行けない」と悶々とするよりも、感染症対策をしながら楽しむ方が健康的だと思われます。