いまどきのハイヤー利用

ハイヤーの利用方法は型にはまったものではありません。たとえば、その時代を表すかのような利用方法もあるため、利用する側から提案する場面もあるでしょう。ここ数年、世界的にコロナウイルスが流行し、何度も感染者の波が到来してきました。世界的にワクチン接種がはじまり、医療従事者や高齢者から接種がスタートしています。しかし、このワクチンについては、副作用が報告されており、とくに高齢者については、ひとり暮らしであれば余計に行き帰りが不安に感じられているようです。そこで、会場までの送迎としてハイヤーを利用される方がいます。

なによりも大規模接種会場までの距離が遠く、公共交通機関を利用して乗り継ぎを必要とする場合が多いようです。東京近郊は平日の昼間であっても人が多く、移動する際にコロナウイルスに感染してしまう可能性もゼロではありません。また、大規模接種会場の住所や地図を見たとしても、これまで行ったことがない場合もあります。高齢者は基本的に不安になりやすいため、ドアツードアで送迎してもらうことがベストでしょう。このような送迎の場合、お近くのお友達と一緒に相乗りをすれば費用負担も抑えられますし、ひとりではないという意味で安心感も生まれるでしょう。

加えて、ハイヤーはドライバーの健康管理がされており、毎日の健康チェックや検温、消毒や手洗い、マスク着用も徹底しています。車に乗り込む前の消毒はもちろんのこと、車内を次亜塩素酸ナトリウム液により除菌していきます。このほかに、オゾン発生器を使って車内を消毒と殺菌します。オゾン発生器に関してはコロナウイルスに高い効果があることが知られており、導入されているところも多いと耳にするものです。嫌な臭いを消すために使われていたものでしたが、思わぬ効果があることで注目を集めています。

一般的に行われる車内換気により、気持ち的にもリフレッシュし、外の空気を取り入れています。ドライバーとお客様の間にも飛沫防止フィルムを設置することで、飛沫感染を予防します。このように徹底した感染防止対策を取ることで、お互いに安心することができるでしょう。ワクチン接種によりハイヤーを利用される方がいますが、普段の病院の定期健診で利用されるのもいいでしょう。遠くの病院まで通われている方はこの機会に考えられてもいいかもしれません。ハイヤーは最低貸し切り時間があるので、時間に余裕がある場合は観光スポットを少し巡ってみたり、気になるお店に立ち寄られてみたりすることもできるでしょう。いつもの病院の検診が少し楽しいものになるかもしれません。