冠婚葬祭やサプライズによるハイヤー利用とは

ハイヤーといえば高級車であるため、一般的には特別なときに利用するものです。特別なときというのは、人生における大きなイベントもしくは、誰かにサプライズを仕掛けるときです。結婚式に会場入りするときなどは、自宅まで迎えにきてもらうこともあります。もちろん、タクシーや電車などで移動してもいいのかもしれませんが、人生における大イベントだからこそ、ちょっと贅沢だと思っても依頼してみたいものです。結婚式の式場入りで利用したという思い出ができれば、その後の人生において振り返ることも多くなるかもしれません。何よりも大事な日だからこそ、安全に移動できる方法を利用するという考えもあります。

このような利用の方法は結婚式だけではなく、葬儀のときにも利用されることがあります。親しい人が亡くなったとき、知らない土地の葬儀場などに出向き、火葬場まで行き来するのはハードルが高いです。特に近しい親戚が亡くなった場合は、親族がハイヤーを依頼してくれることもあるようです。運転技術の高いドライバーに送迎を任せられると親族も安心できるでしょう。

また、友人などにサプライズをしかけるときにハイヤーを依頼する方法があります。若い世代を中心にサプライズ利用は人気があり、誕生日祝いのパーティや恋人へのプロポーズで依頼するケースもあります。とくにプロポーズの場合は失敗するわけにはいかないため、成功させるために必要なことをしっかり打ち合わせしていきます。花束などのプレゼントがあれば事前に預けることもできますし、ピッタリのタイミングで手渡しができるように配慮してくれます。打ち合わせ後に何らかのひらめきがあれば、気軽に電話するだけでプランに盛り込んでくれるでしょう。

ハイヤーのドライバーはあらゆる案件に携わっているので、サプライズ演出は得意中の得意です。このような場合は男性が依頼者であるため、ムードを盛り上げるためにできる細かなことをアドバイスします。女性にとっても、このような流れでプロポーズされたとしたら、一生思い出に残るものになるでしょう。

サプライズというと、プロポーズだけではありません。それぞれが企画しているさまざまなサプライズにしっかり応えていき、的確なアドバイスとその場を盛り上げるヒントを提供することがドライバーの仕事のひとつです。そのためには日ごろからさまざまな情報を収集して、世の中の流れに出遅れないように日々アンテナを張り巡らせています。