家族のイベントにハイヤーを利用

ハイヤーの画期的な利用法として、家族のイベントで利用する方法があります。これまでも、各種式典などで利用されるご家族はいましたが、あくまでも送迎を目的としたものであり、サプライズ的な利用ではありませんでした。各種発表会や受験の際で利用されるご家庭は以前からいましたが、これはセレブといわれるようなご家庭に限ったことではありません。一般的なご家庭でも、大事なイベントの際にハイヤー送迎を依頼されることはあり、とくに受験において幼稚園や小学校受験の場合に利用されるご家庭が多く見られます。ご両親の面接のある場合にはとくにその傾向があるようです。

最近見られる家族のイベントについては、お父様の定年退職のお祝いで利用されるご家庭が増えてきました。お父様の会社までハイヤーが迎えに行き、お父様にラグジュアリーなサービスを提供します。定年退職はお祝いという位置付けではありますが、当事者にとっては寂しい想いがあります。会社を跡にする際、ひとりでの帰宅はもの悲しい雰囲気があるでしょう。お父様の会社までお迎えに行く際に、ご家族も同伴されても構いませんし、自宅で待たれていいでしょう。また、会社から自宅までまっすぐ帰られてもいいのですが、思い出の地に寄り道をされても構いません。そのあたりは予約時の打ち合わせで決められてください。もし、このほかに別のサプライズを準備されるのであれば、それらについても打ち合わせが必要です。

このほかにも、産院からの退院時にハイヤーを依頼されることも増えてきました。ご自宅に自家用車がある場合であっても、お疲れ様の意味を込めて依頼されることもあるようです。依頼されるのは、ご主人もしくはご両親の場合もあります。ご両親の場合は、かわいいお孫さんを産んでくれたお嫁さんへのねぎらいであることも多いとか。実のご両親が気を遣われて依頼されるケースも見られます。ハイヤーもセダンタイプのものから、上のご兄弟も一緒の場合はチャイルドシートを設置したバンタイプも利用できるようになっています。バンタイプの場合は、定員が多いので、ご両親も一緒に乗車されるケースもあります。

これらは一例であり、家族のイベントはそれぞれ違っているので、状況に応じてハイヤーの依頼をされてもいいでしょう。もしくは、お問い合わせいただき、家族にどのようにサプライズをしていくか相談されてもいいでしょう。サプライズは事前に入念な準備をしてその日を迎えるので、きっと喜ばれるはずです。